MENU(メニュー)

頭の臭い

加齢臭を例えるとき、多くの人が「ポマードのニオイ」といいます。これは整髪料の1つであり、また中高年の男性が多くつけているもの。そう、周囲の人たち・・・特に女性は頭の臭い(ニオイ)に敏感なのです。中高年の皆さん、頭の臭いは大丈夫ですか?

頭の臭いとその原因

ここでは頭髪と頭皮の2つに分けて、その主な原因を探っていきましょう。

頭髪臭

頭髪臭とは、髪の毛からでる不快な臭いを意味します。髪の毛はニオイを吸収しやすい性質(多孔質)を持っているため、周囲に漂っているニオイを吸収し悪臭を放ってしまうのです。中でもロングヘアーの人は髪の面積も広いため、より臭いを吸収してしまいがち。

また、髪の長さに関係なく、髪が傷んでいると臭いを吸収する力が高まってしまいます。頭髪臭を予防するためにも、ヘアケアはしっかりと行いましょう。

頭皮臭

頭皮臭とは、フケが大きな原因となって生じる臭いです。フケは頭皮の新陳代謝で落ちた角質細胞に、皮脂の分解酸化物が合わさったもので出来ています。
頭皮臭は湿っぽいフケ(湿性フケ)そのものや、湿性フケが空気中の細菌と混ざり合うために発生させられる臭いなのです。

頭の臭いを防ごう!

頭皮や頭髪は、カラダの中で最も脂っぽくなりやすい場所です。しかし、臭いの原因がはっきりしているので、比較的簡単に予防することができます。

頭髪のケア

頭髪や頭皮からでるニオイは、シャンプーで洗髪することによって消臭・予防することができます。しかし、間違えたケアをしてしまうと、頭皮臭の元となるフケが悪化してしまうことも・・・。また、頭皮を傷めることにもなりかねません。シャンプーはもちろん、洗い方などをもう一度見直しましょう。

生活改善

フケはストレスや睡眠不足、栄養の偏りなどが原因となって生じます。また、刺激物(カフェインやアルコールなど)はフケの原因となるので、極力控えましょう。

フケを防ぐことからはじめよう!

フケを防ぐことからはじめよう!頭皮臭の原因はフケ・・・というのであれば、それを少なくするようなケアを行います。だからといって、1日に何回も洗髪すればいいという訳ではありません。何回も洗髪すると頭皮にある皮脂を洗い落としてしまい、頭皮が乾燥してしまいます。

それによって頭皮の角質が剥がれ落ち、より一層フケが増えてしまう・・・という危険もあるのです。また、市販されているシャンプーはとても強力なので、これによってフケが多くなることも。よって、髪へのダメージが少ないシャンプー(無添加など)に替えてみましょう。

正しい洗髪方法とは

正しい洗髪方法とは面倒臭いからといって、顔も頭も体もすべて一気にやってしまう・・・というお父さんは多いでしょう。しかし、シャンプーはとても奥深いのです。加齢臭を防ぐためにも、まずは正しい洗髪方法を極めてみませんか? 

まず、シャンプーする前にしっかりと髪の毛の汚れを落とします。髪の毛全体にお湯が浸透したら、サッとシャンプーします。ここでのポイントは爪を立てずに指の腹で洗うこと、そして時間をかけないことです。

時間をかけると、余分な皮脂まで奪い取ってしまいます。シャンプーをしたら、洗剤が残らぬよう隅々まで洗い流してください。あとは乾かすのみ・・・ですが、ドライヤーをかけすぎると頭皮が乾燥してしまいます。シャンプー&ドライヤーに関しては、やり過ぎない程度にとどめておきましょう。

ページのトップへ