加齢臭と体臭の違い

体臭とは一般的に汗のニオイを意味することが多く、そのニオイには個人差があります。色んな雑菌と混じりあって独特なニオイとなることもあり、その人から発せられるニオイはすべて体臭といえるのです。よって、加齢臭も「体臭」の1つといえるでしょう。

気になる体臭と加齢臭

気になる体臭と加齢臭一言で「体臭」といっても口臭やワキガ、足のニオイなど・・・色んなニオイがありますよね。例えば・・・青春まっしぐらの若者が汗臭いのは、明らかに汗による体臭です。

しかし、これが40代以上の男性になると・・・同じ汗臭さでも、どこか違ったニオイに感じられますよね。中年男性には独特のにおいがあり、これこそがいわゆる「加齢臭」というもの。

これは年齢とともに出てくる過酸化脂質が加齢とともに増加し、脂肪酸を酸化させることによって生じているようです。いずれにせよ、体臭も加齢臭も周囲に不快感を与えることには違いありません。また、体臭と加齢臭は発生過程が異なるものの、体内での活動が大きく影響していることに違いはありません。

加齢臭と体臭、こんな違いも・・・。

男子学生の体臭が付着したTシャツを女子学生に嗅がせ、どれが好ましいニオイかを答えさせる・・・といった実験がありました。その結果、女性学生らは自分と同じHLA型を持つ男子学生のTシャツよりも、自分と異なるHLA型のニオイをより好ましいと答える確率が高かったとされています。

つまり、女性は子孫繁栄のために異なる遺伝子を求め、近い遺伝子を持つ男性のニオイは「臭い」と感じるようです。ゆえに、娘にとって最も遺伝子が近いお父さんのニオイは「臭い」となります。お父さんのニオイ=臭い=加齢臭という方程式があるのかも知れません。

加齢臭と体臭

加齢臭と体臭青春まっしぐらの若者が汗臭いのは、明らかに汗による体臭です。しかし、これが40代以上の男性になると・・・同じ汗臭さでも、どこか違ったニオイに感じられますよね。

中年男性には独特のにおいがあり、これこそがいわゆる「加齢臭」というもの。これは年齢とともに出てくる過酸化脂質が加齢とともに増加し、脂肪酸を酸化させることによって生じているようです。

さまざまな要因が考えられますが、その1つとして生活習慣があげられます。飲酒や喫煙、運動不足、ストレス過多・・・といった生活を送っていませんか? こんな生活を送っていると、20代でも「加齢臭」が出ること間違いなし! 心当たりのある人は、今すぐ生活習慣を見直しましょう。

加齢臭は3つの原因を抑えるべし!
ページのトップへ