加齢臭Q&A

最近よく耳にする「加齢臭」ですが、その知識はあまり知られていません。ここでは加齢臭に関するQ&Aをまとめてみました。ぜひ、参考にしてください。

Q1 10代でも加齢臭はするの?
Q2 喫煙は加齢臭に関係あるの?
Q3 水分抑制で汗の量は減らせるの?
Q4 加齢臭は香水で消せるの?
Q5 娘から「臭い」と言われてしまった・・・
Q6 加齢臭を防ぐには?
Q7 加齢臭ってどんな臭い?

10代でも加齢臭はするの?

「加齢臭」という言葉そのものは中高年以降を対象に使われていますが、思春期(特に10代)は皮脂の分泌が多いため加齢臭に似たニオイを発することもあります。

喫煙は加齢臭に関係あるの?

喫煙によって体臭がきつくなるのは事実です。喫煙に含まれるニコチンが発汗を促し、一時的に体臭が強くなるとされています。また、タバコは体内のビタミンを奪ってしまうため、体臭や加齢臭に効果的とされるビタミンを大幅に失ってしまうことに。健康のためだけでなく、加齢臭や体臭予防としてもタバコの吸いすぎには十分気をつけましょう。

水分抑制で汗の量は減らせるの?

精神性発汗によって汗をかくタイプだと、水分量を減らしても汗の量は減りません。ミネラルや塩分を多く含むもの(スポーツ飲料など)を飲むと血液中の塩分濃度が高くなり、汗が減ることも。

加齢臭は香水で消せるの?

香水には消臭効果がなく、あくまで一時的な「誤魔化し」に過ぎません。よって、汗が多量に生じる場所(脇の下や背中など)につけると大変な悪臭を放つことも。また、加齢臭は外側よりも内側からのケアが有効とされています。生活習慣や食事を改善するなど、カラダの内側からケアしていきましょう。

娘から「臭い」と言われてしまった・・・

娘さんのような若い女性は、加齢臭を“鼻”だけで嗅ぎ分けているのではありません。中高年男性の目にあまる言動を視覚的および聴覚的なイメージでとらえ、「オヤジ臭い」と表現しているのです。内側からのケア(生活習慣の改善など)はもちろん、自分の言動にも注意を払いましょう。また、清楚な服装感覚を身につけることも大切ですよ。

加齢臭を防ぐには?

加齢臭を防ぐには、まず内側からのケアが必要になります。飲酒や喫煙は控え、ストレスの少ない生活環境を作り出しましょう。また、動物性脂肪は控えて野菜を多く食べるなど、食生活の見直しも必要です。抗酸化作用のあるサプリメントを摂ると、より効果的ですよ!

加齢臭ってどんな臭い?

「カレー臭」ということから、カレーライスのにおいだと勘違いしている人も多いでしょう。しかし、これは大きな誤解です。加齢臭は男女ともに性差なく現れる体臭であり、40歳代以降から急激に増加します。例えるならば、チーズや古本のニオイ・・・といったところでしょう。これらに似たニオイを感じたら、それは加齢臭かも知れません。

ページのトップへ