加齢臭の原因

いくら生理現象とはいえ、やはり何かしらの原因があるはず・・・そこで加齢臭の原因を探ってみようと思います。原因がわかれば、加齢臭を防ぐこともできるかも知れません。

加齢臭の原因物質「ノネナール」

加齢臭の原因物質「ノネナール」加齢臭の元となるのは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる「ノネナール」という物質です。40歳を過ぎると酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加。

それに伴って、体臭成分であるノネナールが急増します。ちなみに、若い人たちの体臭からはほとんど検出されません。よって、ノネナールは加齢臭の根源といえるでしょう。


生活習慣病との関連性

加齢臭と生活習慣病・・・いっけん何ら関わりのないように思えますが、実はとても大きな関係があります。まずは、典型的な例を挙げてみましょう。肉類はもちろん、嗜好品(アルコールなど)も大好き。さらには仕事に追われて運動不足となり、ストレスも多い・・・このような生活を送っていると血管の中にコレステロールが蓄積され、生活習慣病になりやすいとされています。

実は、加齢臭が発生するシステムもこれによく似ているのです。不摂生な生活を続けることで皮脂腺にも脂肪分が増え、それだけ加齢臭の元となるノネナールの量も多くなります。こうしてみると、生活習慣病になりやすい生活を送っている人ほど加齢臭も強くなりやすい・・・そんな気がしませんか?

加齢臭とストレス

加齢臭とストレスノネナールは脂肪酸が過酸化脂質と結びつくことで作られている・・・ということは、前に述べました。この過酸化脂質が増えるのは、活性酸素が体内に大量発生したときです。その要因として、ストレスがあげられるでしょう。

ストレスを感じると、体内の活性酸素が増加します。よって、ストレスをためればためるほど活性酸素が増え、過酸化脂質も増加するというわけです。加齢臭の強弱は、活性酸素の量・・・つまりストレスの強さが大きく影響しているといえます。

加齢臭の原因を減らそう!

加齢臭の原因を減らすには、まずノネナールを減らさなければなりません。ノネナールの生成を抑えるためにも、抗酸化作用のある食べ物を摂りましょう。ビタミンCやEには強い抗酸化作用があるので、これらを多く含む食品(ほうれん草やかぼちゃなど)がオススメです。

他にもポリフェノールやベータカロチン、カテキン、イソフラボンといった抗酸化物質があります。お茶はカテキン効果のある緑茶にする、またアルコールはポリフェノールを多く含む赤ワインにする・・・など、飲み物を少し変えるだけで加齢臭の原因を減らすことができますよ。

食生活が原因?

食生活が原因?欧米人に比べて、日本人は体臭が極めて少ないといわれています。しかし、それはあくまで低脂肪・高繊維質・植物性食品など・・・いわゆる和食を中心とした食生活だった頃。最近では高たんぱく・高脂肪な食事が中心となり、加齢臭に悩む人も多くなりました。

加齢臭の原因ともいえる動物性脂肪は、体内で酸化することによってニオイを発生させます。酸化させる原因として飲酒や喫煙、ストレスなどがあげられるでしょう。これらは生活習慣病の原因にもなり兼ねないので、なるべく控えるよう心がけてください。


ページのトップへ