加齢臭を比べてみよう!

男性は臭うけど、女性は臭わない・・・本当にそうでしょうか? ここでは男女の加齢臭を比較するとともに、その違いを徹底検証してみようと思います。「お父さんくさい!」と言っているそこの奥様・・・あなたは本当に大丈夫ですか?

加齢臭って男性だけ?

加齢臭って男性だけ?加齢臭は男性特有のニオイ・・・というイメージが定着しているのには、訳がありました。男性は女性よりも皮脂腺から分泌される皮脂量が多く、また汗もかきやすいのでニオイが混ざると加齢臭もきつくなりがちです。

一方、女性は女性ホルモンの作用でノネナールの発生が少なく、加齢臭も少ないとされています。また、日頃からスキンケアをまめにしていることも影響しているとか。

しかし、年齢を重ねると女性ホルモンが少なくなるので、女性であっても加齢臭が現れます。そう・・・加齢臭は男性特有のものと思われがちですが、決してそうではありません。

加齢臭に男女差はない?

加齢臭が起こる仕組みは男女共通のものであり、男性特有のものではありません。汗も脂肪酸も分解されなければ悪臭にはならず、逆に分解されてしまえば男女ともに性差なく臭います。女性に比べて男性のニオイが目立つ・・・あるいは取り上げられやすいのは、清潔さや服装に対する気遣いが関係しているのかも知れません。

女性は男性が毎日スーツを着るように同じ服を身にまとう人は少なく、また化粧品や香水などを使うため体臭そのものが表に出にくいとされています。香水や化粧はいずれ落とすものなので、加齢臭は男女ともにきちんとケアすべきといえるでしょう。男性は40歳から、女性も遅かれ早かれ加齢臭対策が必要です。

加齢臭と女性ホルモン

加齢臭と女性ホルモン女性の方が男性よりも加齢臭が少ない・・・とされる原因として、女性ホルモンがあげられます。女性ホルモンには酸化を抑える作用があり、閉経前の女性はそれによって体の調子が整えられているとか。つまり、女性ホルモンがノネナールの発生を抑えているのです。

しかし、年齢とともにホルモン分泌が低下し、閉経後には男性とほぼ同じ条件となります。よって、男性ほどではないにしろ、女性もやがては加齢臭に悩むこととなるのです。ただし、いつまでも若々しく、女性ホルモンを持ち続けている人はそれに該当しません。

ページのトップへ