加齢臭ってなに?

世のお父さんたち、自分は臭くないから大丈夫・・・なんて思っていませんか? しかし、それは単なる思い過ごしかも知れません。40歳を過ぎると、中高年特有の体臭・・・いわゆる「加齢臭」が姿をあらわします。そう、男性にとって40代はまさに「ニオイの曲がり角」なのです。

加齢臭とは

加齢臭とは中高年・・・いわゆる「おじさん」「おばさん」と呼ばれる人たちから発せられる独特なニオイを「加齢臭」といいます。しかし、中には20代から加齢臭を発する人もいるとか。加齢臭の元となるのは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生まれる“ノネナール”という物質です。

40歳を過ぎた頃から酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加します。また、それに伴って体臭成分であるノネナールが急増すると考えられています。過度の飲酒も脂肪酸を増やす要因となるので、気をつけましょう。

何歳から臭う?

加齢臭の存在を化学的に裏付けたのは、化粧品メーカーの大手「資生堂」でした。20〜70代までの男女のポロシャツに付着した成分を解析したところ、40歳を過ぎた年代から特有の体臭成分ノネナールが検出されたのです。

このノネナールは若い人たちの体臭からはほとんど検出されないことから、いわゆる加齢臭の原因であると特定されました。よって、加齢臭が出始めるのはノネナールが増加する年代・・・そう、40代以降といえます。もちろん、女性にも加齢臭はあるので、40歳を過ぎたら気をつけましょう。

加齢臭ってどんなニオイ?

加齢臭ってどんなニオイ?加齢臭の元となるノネナールとは、一体どんなニオイなのでしょうか? 一般的にはロウソクや古本、青臭いチーズのようなニオイなどと言われています。しかし、これらのニオイを「大嫌い」と思う人はさほどいません。実はこれ、若い世代の嗅覚にも問題があるとか。

嗅覚は3〜4歳頃までにほぼ完成されますが、この時期に祖父母と過ごした人などは成人しても加齢臭を嫌がらないようです。潔癖志向の時代となり、加齢臭というニオイに敏感になりすぎているのかも知れません。

オヤジな態度=加齢臭?

若者はおじさんの加齢臭を「鼻」だけでかぎ分けているのではありません。中高年男性の目に余る言動を視覚的・聴覚的にとらえた上で「オヤジクサイ」と表現しているのです。道端でタンを吐く、爪楊枝でシーハする、人前でも平然とゲップやオナラをする、オヤジギャグで場を白けさせる・・・などの行動をとっていませんか? これらの行動は視覚的・聴覚的にも「クサイ」といわざるを得ません。若い人たちが敬遠するのも無理はないでしょう。

つまり・・・ニオイとしての数値は少なくとも、日ごろのだらしない行動によって「クサイ」というイメージが根付いてしまうのです。加齢臭対策の1つとして、まずは“オジサンくさい行動”を慎んでみませんか?

加齢臭は3つの原因を抑えるべし!
ページのトップへ