MENU(メニュー)

加齢臭の消臭法

ニオイが気になり、それがストレスになっている・・・という人は、加齢臭を軽減させるグッズを活用してみては? しかし、加齢臭はその根本を取り除かなければ消臭できません。それを踏まえたうえで、外面的なケアをしていきましょう。

加齢臭の消臭グッズ

「加齢臭」という言葉が浸透するにつれ、専用の消臭グッズも多々見かけるようになりました。石鹸や乳液、パウダー、汗拭きシートなどさまざまな商品がありますが、ここでいくつか紹介しようと思います。

ガム

さまざまな対策がありますが、その1つの手段として「ガム」があげられます。あるガムは中高年の方から絶大なる支持を得て、生産が追いつかなくなるほど。

ガムを噛み、その1〜2時間後には体からほのかにいい香りがするそうです。まさに「体の中から香る香水」といえるでしょう。この効果は科学的実験によっても証明されているので、ぜひお試しください。

石鹸

加齢臭に効果のある・・・とされる石鹸が流行っています。成分は多種多様ですが、加齢臭をはじめとする体臭全般に効果のある石鹸といえるでしょう。まず、ニオイの原因となるのは毛穴に詰まった過酸化脂質です。

細菌を繁殖させる原因になるうえ、普通の石鹸では落としきれないというから曲者。しかし、加齢臭対策の石鹸は落としきれないニオイまで洗い流してくれるとか。

加齢臭と香水

加齢臭と香水香水を身にまとう・・・これは多くの人が実践している加齢臭対策ですが、その使い方を間違えると大変なことになってしまいます。まず、香水の匂いと体臭がうまくマッチングするかが重要なポイントです。というのも、「臭い」を「匂い」でカバーしようとすると強烈な「ニオイ」になってしまいがち。

さらに香水はニオイを誤魔化すだけであって、体臭が消えるわけではありません。よって、まずは体臭を軽減することからはじめましょう。その上で軽く香水をつけると、より効果的ですよ。

ミョウバンを活用しよう!

ミョウバンを活用しよう!加齢臭そのものを消臭する作用として、ミョウバンがあげられます。ミョウバンには制汗作用があり、ニオイ成分の含まれた汗を抑えることができるそうです。作り方も簡単で、2リットルの水に粉末ミョウバン50gを溶かすだけ。市販のスプレー容器に入れ脇や胸、背中、足などニオイが気になる部分にスプレーしてください。

また、ミョウバン水溶液(コップ1杯分)を湯船に混ぜて入浴すると、体全体の消臭になります。お風呂に入れないときは緑茶にミョウバンを溶かしたものを冷蔵庫で冷やし、そこに浸したタオルで体を拭くと緑茶の消臭効果も加わり全身サッパリ! レモンの絞り汁を加えると、殺菌効果も期待できるでしょう。

ページのトップへ