MENU(メニュー)

食生活の改善

加齢臭を防ぐには、加齢臭の原因とされる過酸化脂質を減らす必要があります。そのためにも、食生活を改善しなければなりません。

食生活を改善しよう!

加齢臭の元となるノネナール対策として、食生活にも気を配りましょう。まず、ノネナールが苦手とするのは抗酸化作用のある食べ物です。その代表的なものとして、ビタミンCやEがあげられます。これには強い抗酸化作用があるので、活性酸素を抑制してくれるでしょう。

特にビタミンCは強い抗酸化作用があり、加齢臭予防には欠かせない栄養素です。他にもポリフェノールやベータカロチン、カテキン、イソフラボン、セサミノールなどが抗酸化作用のある栄養素とされています。わさびやしょうがといった香辛料にも抗酸化作用があるので、肉料理などにもどんどん活用しましょう。

加齢臭対策には「和食」

加齢臭対策には「和食」和食は動物性脂肪が少ないため、加齢臭予防に適した食事として知られています。中でも、和食に欠かせない大豆製品(味噌や豆腐など)には抗酸化作用のある物質が多く含まれています。

もともと大豆にはイソフラボンや大豆サポニンといった抗酸化作用のある成分が含まれているのですが、発酵などの加工過程においてそれらの成分がより増強されるとか。そのほか、梅干や薬味(わさびや生姜など)にも効果があるようです。梅干にはすべての体臭を減らす効果があるので、朝食時に一粒だけ食べる習慣を身につけてみては? 

また、薬味は食べたあと一時的にニオイが残るものの、それぞれの食品が胃液の分泌を高め、血液を浄化してくれます。よって、結果的にはニオイを抑えてくれるのです。このように和食には活性酸素を減らす、あるいは抗酸化作用の強い食品が多々あります。加齢臭を防ぎたい・・・という人は、今一度「日本食」を見直してみませんか?

サプリメントを使おう!

サプリメントを使おう!加齢臭対策として、サプリメントが注目を浴びています。手軽さと不足しがちな栄養素を補える・・・という利点が人気の秘訣だとか。サプリメントにはノネナールの分泌を抑制する、あるいは発生したノネナールの酸化を抑える役割があります。

加齢臭にはビタミンCやEが効果的とされ、これらをサプリメントで補うこともできるでしょう。また、加齢臭には食生活が大きく影響します。かといって、1日3食バランスのとれた食事をとるのはなかなか難しいですよね? 

そんなときに活躍するのが・・・そう、サプリメントです。サプリメントはあくまで「栄養補助食品」なので、加齢臭に対して直接効果があるわけではありません。しかし、間接的な予防には役立ちます。サプリメントで健康を維持し、生活習慣病や加齢臭を防ぎましょう。

こんな食品には要注意!

皮脂の分泌を促進させるコーヒーやチョコレート、バター、チーズ、豚肉、ベーコン、ナッツ類、香辛料はなるべく避けてください。植物性(野菜や果物など)の食生活を心がけ、加齢臭とは無縁の生活を送りましょう。

ページのトップへ