女性も50代以上は要注意!

女性が女性らしくいられるのは女性ホルモンが働いているからというのは誰もがご存知でしょう。このことから、タイトルを見て「なるほど!」と気づきませんか?女性の加齢臭は女性ホルモンと関係しているようですよ!

女性の場合の原因は?

喫煙・飲酒

女性の加齢臭の原因は、女性ホルモンの減少によるもの、更年期障害や肥満、加齢臭というくらいですから、やはり老化も原因の一つになります。

特に肥満については、女性は皮下脂肪もたまりやすく、出産で太ってしまうこともあり、筋肉量も元々少ないことから脂肪が減りにくく、肥満しやすくなります。もちろん、男性の加齢臭の原因として挙げた、喫煙や飲酒なども原因となりますので、男性同様、加齢臭の起因となることは、極力控えた方がいいでしょう。

男性より目立たないのは?

脂肪酸、過酸化脂質

加齢臭といえば中年男性のイメージがあり、女性でも加齢臭があるというのはピンと来ないかもしれません。では、どうして男性よりも加齢臭が目立たないのでしょうか。

その理由は加齢臭が発生する仕組みに隠されています。皮脂腺から出る脂肪酸と過酸化脂質が交わることにより、酸化されて臭いが発生します。女性の場合は、この皮脂腺の活動が、男性に比べて落ち着いているため、加齢臭の原因となるものが少ないからと言えます。皮脂の酸化を女性ホルモンがおさえてくれるので、加齢臭が起こりにくくなるのです。

男性とは10年差

年代別の加齢臭

男性の加齢臭は40歳を過ぎると出てくる人が多いのに対し、女性の場合は50代で出てくる人が多いようです。男性に比べ、5年から10年の差があると言われています。

男性が加齢臭を感じ始める頃、女性はまだ閉経していませんので、女性ホルモンの影響で加齢臭を感じることはありません。ですが、50代に入って閉経を迎え、女性ホルモンの分泌が少なくなると、皮脂も酸化しやすくなり、女性と言えども加齢臭が漂うようになるのです。

加齢臭は3つの原因を抑えるべし!
ページのトップへ