女性の加齢臭の原因は女性ホルモンの減少から

ある程度年齢を重ねると、加齢臭が気になるという人も多いですが、自分がどんな臭いをさせているのか、分からない人が大半でしょう。どんな臭いかも分からずに加齢臭におびえていませんか?

女性の加齢臭とは?

「もしかして、これって加齢臭?」「女性でも、加齢臭ってあるの?」、と心配になったことはありませんか?

加齢臭は、男性のものと思われがちですが、女性にも見られるものです。ホルモンの性質上、加齢臭のにおいの強さは男性よりも弱いのは事実です。

加齢臭かどうか分からない場合は「枕カバー」のにおいを嗅いでみるとわかりやすいようです。

女性の加齢臭の原因とは?

女性の加齢臭の原因は、女性ホルモンの減少によるもの、更年期障害や肥満、加齢臭というくらいですから、やはり老化も原因の一つになります。

肥満に気を付けましょう。

男性、同様に喫煙や飲酒も原因となりやすいので控えるようにしましょう。

ストレスもためないようにしましょう。

女性ホルモンの減少で加齢臭が!

とくに40代以降は女性ホルモンの働きが衰えることで加齢臭が強くなります。また、更年期の時期や閉経後は女性ホルモンの働きが止まってしまうため、皮脂の分泌や酸化は男性と同じように起こります。

つまり、男性と同じ条件になってしまうというわけです。

男性にくらべ皮脂量の少ない女性も年齢とともに加齢臭が発生してしまいます。

女性ホルモンで抑えられている時はいいのですが減少にともない漂うになってしまいます。

また、女性ホルモンが少なく男性ホルモンが多い方も皮脂の酸化が起きやすくなります。

男性は60歳をすぎると皮脂の分泌が少なくなる為におわなくなってきますが、女性は女性ホルモンがなくなると一層臭いが強くなります。

女性の方が皮脂量が少ないから目立たない

女性ホルモン減少に伴う「女性の加齢臭」は、皮脂の酸化が原因

男性は女性よりも皮脂量が多い為、臭いが目立ちやすいだけであり、皮脂量の少ない女性も原理は同じなのです。特に女性は、体内の女性ホルモンの働きで皮脂分泌を抑えていましたが、女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが活発化し、皮脂が増えて加齢臭を発しやすくなります。その「女性ホルモンが減り始める時期」が35歳前後と言われているのです。

若い頃は体内の抗酸化物質によって酸化防止されているためあまり臭いませんが、40歳を超えると抗酸化作用も弱まり、加齢臭が漂うになってきます。

女性は50代から漂うように

50代女性

前述したように、女性の体臭、加齢臭は、女性ホルモンの減少が原因なので、以前は、40代以上、中年期の女性特有の悩みでした。

ところが、最近は、働きにでているキャリアウーマン、ママ友、ご近所付き合い、幼稚園や小学校の係の仕事、何かとストレスをかかえがちな若い女性でも、臭いに悩まされる方、いるようです。

加齢臭をすっきり落とすには、臭いが発生しやすい背中、首の周り、耳の後ろ、胸周りを重点に洗い流しましょう。

ポイントは

  1. ゴシゴシ強く洗い過ぎない
  2. 手で洗う
  3. 薬用石鹸を使ってみる
加齢臭は3つの原因を抑えるべし!
ページのトップへ