MENU(メニュー)

加齢臭は頭から

なんだか髪の毛を洗ってもすぐに臭うような気がする……女性の場合、なんだか頭が臭うようになったということで、加齢臭に気づくことが多いようです。体臭が気になる人もおりますが、一目につく部分でもありますので、気にする人も多いようです。

頭皮を清潔に

頭皮と皮脂

加齢臭の原因になるものの一つに皮脂が挙げられますが、皮脂の分泌が多い場所として頭部も挙げられます。
頭皮が脂っぽくなると、髪の毛もベタベタになってきますので、気になってシャンプーをゴシゴシしていると逆効果になります。
洗いたてはすっきりしているかもしれませんが、必要な皮脂まで洗い流してしまい、余計に皮脂が分泌されるようになり、益々臭いが気になる悪循環に陥ってしまいます。

シャンプーは1日1回

一日一回のシャンプー

体には常在菌がおり、歳をとるごとに、その種類も増えていきます。シャンプーするときには、余計な皮脂と増えた常在菌を洗い流す必要があります。また、シャンプー、リンス、トリートメントのすすぎが十分でないと、臭いの原因になりますので、すすぎの残しがないようにしましょう。すすぎ残しがあると、常在菌が増加する場合もあり、シャンプーしても臭うことになります。

自然乾燥はしない

シャンプーしたあと、髪の毛が傷むからと自然乾燥している女性は比較的多いです。ですが、生乾きのままだと、頭皮に菌が繁殖して臭いのもとになってしまいますので、ドライヤーで髪の毛の根元から一気に乾かすようにしましょう。髪の毛の表面からではなく、内側にドライヤーをあて、手で空気を入れるようにすると一気に乾きます。

シャンプーできないときは

コットンで頭皮を洗浄

シャンプーしたてなのに臭う、シャンプーしたくてもできないときは、応急処置として、頭皮を清潔にする方法をとります。

先にも紹介しましたが、加齢臭の臭いのもとになるものは頭皮の表面に付着しています。ノネナールというものですが、コットンに柿の渋や甜茶、緑茶などのノネナールを吸着してくれる働きのあるものを含ませ、頭皮を拭くといいでしょう。オキシドールなどの消毒剤は刺激も強く、必要な菌まで殺してしまうので使わないようにしましょう。

ページのトップへ