加齢臭だけじゃない

ある程度年齢を重ねると、加齢臭が気になるという人も多いですが、自分がどんな臭いをさせているのか、分からない人が大半でしょう。どんな臭いかも分からずに加齢臭におびえていませんか?

臭いを確かめよう

小鼻の横と耳の裏

人は特に臭いに対しては敏感ですが、臭っている人に向かって「臭い」と言えるのは家族くらいのものではないでしょうか。では、自分の臭いを確かめてみましょう。

加齢臭が強く出る場所として枕が臭うということからもお分かりのように、頭部や耳の後ろ、小鼻の横などです。指で強めにこすって嗅いでみましょう。それがあなたの体臭です。ちょっと想像を超えた臭いに驚くかもしれません。加齢臭対策にも力が入るでしょう。

汗との関係

汗の質の違いs

頭皮には様々な常在菌がいますが、年齢と共に種類が増えてきます。ちょっと汗をかいたり、1日シャンプーをしないだけでベタベタしてくることから分かるように、頭皮には皮脂腺が沢山あり、細菌に分解され、加齢臭だったり、脂くさかったりするのです。

特に、質の悪い汗をかくと、加齢臭の臭いを増長させてしまいます。質のいい汗は適度な運動でかいた汗や、無理のないことをしてかいた汗です。質の悪い汗は、激しい運動をしたり、無理なことをしてかいた汗です。心地よい汗は気持ちがいいですし、加齢臭にも悪影響を与えないということです。汗からの加齢臭は女性に多いので注意が必要です。

渋柿

渋柿の石鹸とボディソープ

加齢臭を消すアイテムとして知られているのが、渋柿成分の入った石鹸やボディソープです。加齢臭だけではなく、汗の臭いや体臭全般に効果があると言われています。柿渋はタンニンのことで消臭、殺菌、抗酸化作用があり、加齢臭のもととなる皮膚の常在菌が増えるのを防いでくれます。加齢臭の元から分解してしまうので、臭わないとういことです。

柿渋製品は、シャンプー、コンディショナー、石鹸、ボディソープと、全身をケアできる製品が数多く販売されていますので、ぜひ使ってみましょう。加齢臭の予防にもなります。

使い方は、泡立てネットを使い、モッコモコの泡で顔や体をなでるように使います。けっしてゴシゴシこすらないようにしましょう。ゴシゴシこすると肌に傷がついて、雑菌が増えてしまう場合があります。

ページのトップへ